POTTIRI'S AUTOBIOGRAPHY

工作やダイエットやITで遊ぶアラフォーエンジニアの自伝ブログです。

【ゲーム】僕がBloodstainedを止めている訳

 

お疲れさまです。POTTIRIです。
Bloodstainedというゲームをだいぶ前に買いました。
大前提として・・・面白いです。
しかし数時間プレイしたところで止まってしまっています。
今回はその理由を探りながら情報の提供の仕方を記します。

選択肢を提示するのが早すぎる

Bloodstainedは横スクロールの探索型のアクションRPGです。
メトロイドヴァニア系とも言われます。
ダークな雰囲気と高い難易度のアクションが私の好みにマッチしています。

なのですが・・・、
膨大な選択肢が早い段階で提示されるので困惑しています。
武器の種類もかなり多くアイテムも豊富。
最近のゲームによくある料理もバンバン出てきます。
これが私を困惑させ、やる気をなくさせるのです。

これがストーリーの中盤以降ならちょっと寄り道してもいいかなという気分になるのでまだ受け入れられるのですが、
明らかに序盤の段階で提示されると困惑します。

武器とか料理とか選ぶよりストーリーを先に進めたいんだけど、
選択肢が多すぎるので何をすればよいのかわからなくなります。

限られた時間で先に進めたい

そう!先に進めたいんです。
社会人がわざわざ時間を作ってプレイしてるんです。
限られた時間の中で前に進んだって感覚が欲しいんですよ!
ただでさえこのゲーム進捗がわかりにくい!
ちょっと前にやった聖剣伝説3は精霊の解放っていう明確な進捗パラメータがありましたが、Bloodstainedには今の所そういうのはなくて全容も全然見えないので、
いきなり停滞感を味わってしまいます。

料理が選択肢に出てるけど、
できないってことは何か素材の取り逃しとかあるのかな?
えっと・・・先に進めちゃだめなのかな?
武器がたくさん種類があるけどどれを育成すればいいの?

そんな感じでずーっと???なんです。
・・・こういう情報の公開の仕方が興奮する人もいるんでしょうけどね。
アラフォーともなると短い時間で確実達成感が得られるっていうのは大事なんですね。

情報の提示の仕方が大事

選択肢が多くても流れに沿っていれば問題ないんです。
最初は隠しておいて、進行に合わせて順次解放。
攻略に必要だから見せる。
その時の手持ちのカード+αぐらいで実行できる選択肢だけ見せる。
ぐらいに留めておけば混乱しないし、まあ無視してもいいかなという気になります。
バーっといきなり広げるから戸惑うのです。

なんだかシステム開発でお客さんから文句言われたことを思い出します。
その時重要な情報以外を見せる時は慎重に整理しておかないと、
集中力をどこに向ければいいかわからなくなります。
ゲームの話ですが自分にも言い聞かせたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

アフィリエイト

Bloodstained: Ritual of the Night - Switch

Bloodstained: Ritual of the Night - Switch

  • 発売日: 2019/10/24
  • メディア: Video Game