POTTIRI'S AUTOBIOGRAPHY

工作やダイエットやITで遊ぶアラフォーエンジニアの自伝ブログです。

味覚障害の続き もしかして鬱は体調悪化の一症状だった?

POTTIRIは最近ご飯を食べてもあんまりおいしくありません

POTTIRIは最近ご飯を食べてもあんまり美味しいと感じません

お疲れさまです。POTTIRIです。
先日から発症してる味覚障害ですが、まだ続いてます。
吐き気などは収まりましたがまだご飯が美味しく食べれなくて、
常に口内に違和感があるのでまた病院に行ってきました。

 

pottiri.tech

色々見つかるよね

医師によると味覚障害の原因は亜鉛不足の可能性が高いとのことです。
血中の鉄分系が不足していることは前回も指摘されたのですが、
今処方されてる薬だと含まれる鉄分がまだ少ないのでより鉄分が多い薬処方していただくため念の為もう一度血液検査しました。
最近採血されてばっかりです😩
これのせいで鉄分不足したりしてないですよね?🙄
新しい薬は次回以降に持ち越しです。
新しい薬で治るといいなあ。
それにしても次々と身体の不具合が見つかりますね。

もしかして鬱は体調悪化の一症状だった?

f:id:pottiri:20200729232639j:plain

ここで改めて去年の秋頃の血液検査の結果を見ます。
何度見てもひどい😰
中性脂肪が基準値上限の約3倍です。
この時は肝機能障害を疑われてましたね🤔

(ちなみに今は基準値目前にまで回復してます。)

 

この検査の後鬱が重症化して休職にいたるわけですが、
改めて考えると鬱は体調悪化の一症状に過ぎなかったのかもしれません。
私は鬱の後、様々な体調悪化に気づいたわけですが、
もしかしてこういう流れだったのかも?

  1. 体調がどんどん悪化、肝機能低下・無呼吸発症・この時すでに味覚障害も発症?
  2. 体調悪化により仕事の能力低下
  3. 能力低下により負荷が高まり鬱発症、考える力低下
  4. 鬱により不眠発症、そして休職へ
  5. 鬱が回復して考える力回復
  6. ダイエット開始
  7. 体調の様々な不具合にようやく気づき始める ◀◀◀イマココ


仕事のストレスが原因で鬱になったのだと思いこんでましたが、
本当は心より身体の方がだいぶ前から悲鳴をあげていて、
それを気合で抑え込んでいたけれど限界を超えたから鬱になったのかもしれません。

今起きていることは、
次々と新たな問題が起きてるではなく、
でかい問題をどけたら隠れてた問題がいっぱいでてきたってところですかな。

ダイエットを思い立ったのも、
無意識でこのままだとヤバいと感じ取ったからかもしれません。
身体のシグナルを真摯に受け止めてじっくりと身体と対話していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

アフィリエイト 

 

 

 

 

 

 

 

 

亜鉛不足を補うため、最近良く飲んでます。
アーモンドそのものが美味しいのでこれも美味しいですよ。
鉄分は睡眠の質にも必要だそうです。