POTTIRI'S AUTOBIOGRAPHY

工作やダイエットやITで遊ぶアラフォーエンジニアの自伝ブログです。

結婚一年目に苦労したこと

f:id:pottiri:20200806005646j:plain

 

お疲れさまです!POTTIRIです。

ここ数日体調が悪く、妻のありがたみを改めて感じました。
そしたらふと結婚10年目だな〜って思い出したので、
結婚一年目に苦労したことを書いてみます。

いきなり単身赴任

マジです。
私が結婚した当時、 勤めていた会社は未曾有の不景気でした。
地方都市広島にはぜーんぜん仕事がなく、東京に出稼ぎに行くしかありませんでした。
私は新婚気分を味わう暇もなく、東京に単身赴任しました。
一年ほどで広島に帰れるという約束でしたが、IT業界において約束などあってなきもの。
3年?5年?このままずっと?
オイ!新婚夫婦だぞ!

このままでは夫婦生活が破綻すると思った私は、
妻を東京に呼び寄せ、
社宅(一人暮らし用)に無理やり二人で住む。
という強行策に出ます。

当然あっという間にバレて問題になりますがガン無視。
そして、しばらく東京で生活基盤づくりに励みますが、
合わないと判断した私達は転職して広島に戻ることになります。

 

私のやったことはルール違反かもしれませんが、
会社に逆らうぐらいの気持ちがないと夫婦生活など維持できないことを学びました。
誰が単身赴任なんか従うか!

お金がたまらない

新婚当時の私達は非常にお金がありませんでした。
結婚式でだいぶお金を使ったということもありますが、
全力で共働き「だけ」をしていたのも問題だったと思っています。

共働きしていればお金は貯まるだろうと安直に思ってたのですが、
お互い忙しいのでお金の勉強をしてなかったので貧乏でした。
無駄を見直したりしてなかったんですねー。

例えば食事!
当時交代で料理してたのですが、
お互いに何を作ろうとしてるのか把握してなかった(サプライズ優先しちゃってる)ので食材のダブリが多い。
把握してないので食材の使いまわしも効いてない。
そこに、新婚だから無駄に気合が入ったもの作るわけですからそら貯まらんですよね。
料理って長期的に考えてするもんなんだなーって学びました。

現在は私が柱で妻は家事+少なめのパートと役割分担していますので、
ちゃんと貯金は出来ています。
どこかに余裕を作らないとお金って貯まらないんだなって学びました。

 

夫婦の役割分担を決めるのは結構時間かかりました。

実家との距離感

ウチの実家はこんな感じです。

【夫の実家】
・干渉したがり
ミニマリスト
【嫁の実家】
・遠慮しがち
・ゴチャゴチャ

今でこそまあまあの距離感を保ててますが、
ウチの実家は最初の頃はやたら泊まりに来いとか、
嫁に来たからには〜って言ってきてウザいことこの上なかったです。
間に入れば邪魔だと言われるし。
まあ、実家の親としては長男の嫁に教えたいことがたくさんあるんでしょうけどね。
これらの話で夫婦間に喧嘩が発生するんだからたまりません。

嫁の実家は私が辛かったです。
私はミニマリスト気質なのでゴチャゴチャした家は本当に苦痛なんです。
あと、お義父さんの話がウザい。
お義父さんはヤンキー気質で武勇伝(何度も聞いてる)をしたがるのですが、これが本当に苦痛。
爺さんの武勇伝ほど痛々しいものはないですね。
マジでキレそうになったことが何度もあります。
辛かったなあ・・・。

時間をかけて私達夫婦は実家との距離感をこんな感じにしました。
・2泊3日が限界(ストレスがたまるようなら更に短縮)
・帰省の頻度はクレームが出ない程度に留める
・その代わり連絡はまめにする
・同居はしない

 

どうかな〜って思いながら徐々に距離おいてったんですけど、
意外とうまくいってます。

まだまだ成長途中です

 

一人で寂しかったのであんまり深く考えずに結婚しちゃった私達ですが、
ちょっとずつ成長して意外となんとかなってます。
まだまだ至らないところだらけですが日々頑張ってますよ〜。
夫婦って色んな形があると思いますが、
続けることで見出だせることもあると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Amazonアフィリエイト 

 

結婚一年生 2020-2021年版 (Sanctuary books)

結婚一年生 2020-2021年版 (Sanctuary books)

  • 作者:入江久絵
  • 発売日: 2019/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

誰も教えてくれないお金の話

誰も教えてくれないお金の話