POTTIRI'S AUTOBIOGRAPHY

ダイエットやITで遊ぶアラフォーエンジニアの自伝ブログです。

ビデオ会議はたいぎぃけぇ二刀流にしようでぇ

f:id:pottiri:20200604184455j:plain

 

Zoomが好調らしいね

 

www.nikkei.com

 

嫁「Zoom?マツダ?」

 

違う違う(笑)


ビデオ会議を提供してる会社の名前だよ。
ビデオ会議はセキュリティやらなんやらでなかなか広まらなかったんだけど、
コロナの影響で一気に需要が高まったみたい。

 

セキュリティなんてどう頑張っても事故るんだから、
さっさと導入してりゃ慌てなくてよかったのにねえ。

 

嫁「急にどうしたの?なんか嫌なことあったの。」

 

いろいろと・・・。

 

嫁「あー、そういえば昔テレビ会議って疲れるゆうてたね。」

 

(ホントは違う話だけど。)そうそう。

今一度聞いてもらえる?

 

嫁「ええよ。」

 

マイクトラブル

マイクトラブルがめっちゃ起きるんですよ。
ヘッドセットだろうがマイク・スピーカーだろうがどっちでもいいけど

できる限りいいの用意せにゃあかん。

 

嫁「トラブルって例えば?」

 

声が入らない、音が聞こえない、小さいとかだね。
結構設定がややこしいからぶっつけ本番はできんのよ。
設定してても途中で切れることが結構あるし。

 

音声が入らないと、まーーー雰囲気悪くなるんよ。

 

最初に手間取ると「もう電話でします?」とかなったり、
途中で「マイク入ってませーん。」とかなるともうだめ。


心バッキバキ粉砕骨折ですよ。

 

画面共有すると相手の顔が見えない。

 

会議で『資料の○頁目を御覧ください。』というシチュエーションあるじゃない。

 

嫁「うんうん。(会議出たことないから知らんけど。)」

 

ビデオ会議の場合、自分のパソコンで見てる資料を他の人のパソコンに写すことができるのよ。

 

嫁「えっ、すごい!」

 

すごいんだけども・・・。
パソコンで資料見てると相手の顔見えなくなるんだよねー。

 

嫁「なるほど。」

 

話してる時、相手の反応をみるじゃない。

 

嫁「うん。」

 

それそれ、でもまじめな会議だとみんな声出さないから『うなずく』ぐらいなのよ。
なのに資料で相手の顔見えなくなると、それも見えないので相手のことがわかんなくなってだんだん不安になるのよね。

 

嫁「へー。」

 

そうすると、だんだん不安になって声が小さくなって・・・
「ちょっと声遠いです。」って言われて慌てて声張って〜って繰り返すとクタクタになっちゃうのよね。

 

嫁「ふんふん。」

 

二刀流にしようでぇ

 

嫁「それで?この話はおしまい?」

 

いや、僕らは『結局パソコンに画面を2つつける』という方法で解決したんよ。
片方に顔を写して片方に資料を写す。

 

嫁「え!?金持ちすぎじゃない?」

 

金持ちかどうかは知らんけど・・・、それでも対面の会議に比べると疲れるのは違いなかったかな。
パソコン一台で対面と同等のコミュニケーションを得るのは無理があるよね。

 

嫁「それっておたくの会社がIT企業だったからでしょ?ふつーはどうしたらえんよ。」

 

スマホのビデオ会議で会話して、パソコンのビデオ会議で資料写せばいいんじゃないかなー。

 

嫁「そんな無茶な・・・。」

 

Amazonアフィリエイト

 

世界一わかりやすいZoomマスター養成講座

世界一わかりやすいZoomマスター養成講座

  • 作者:奥村絵里
  • 発売日: 2018/01/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)