POTTIRI'S AUTOBIOGRAPHY

工作やダイエットやITで遊ぶアラフォーエンジニアの自伝ブログです。

Amazon SESを用いてWordpressからメールを送る

はじめに

Amazon SESはをAmazonの信頼性の高いメールサーバーを安価で利用できるサービスです。

毎月最初の 62,000 通は無料なので、個人サイトであればほぼ無料と言えるでしょう。

確実に届くメール配信を行うには信頼性の高いメールサーバーが必要ですが、これを自前で用意するには長い時間と多大な労力が必要です。

Amazon SESを使える環境にあるならばこれを使ったほうが断然お得でしょう。

本記事ではAmazon SESを用いたメール送信の設定方法を記述します。

手順

WordPressの起動

AWSWordPressを起動します。

Amazon SESの設定

AWSのメニューからSimple Email Serviceを選びます。
US East(N.Virginia)を選びます。
f:id:pottiri:20190124005642p:plain

Email Addressesを選びます。
f:id:pottiri:20190124005745p:plain

Verify a New Email Addressをクリックします。 f:id:pottiri:20190124005836p:plain

自分のメールアドレスを入力し、Verify This Email Addressをクリックします。 f:id:pottiri:20190124005916p:plain

認証

届いたメールにあるリンクをクリックします。
SMTP Settingsをクリックします。
Server Nameを控えてから、Create My SMTP Credentialsをクリックします。
f:id:pottiri:20190124010006p:plain

SMTP

SMTP用のユーザーができます。
認証情報のCSVをダウンロードするボタンが出るのでクリックします。
ダウンロードした認証情報のCSVは控えておきます。

WP Mail SMTPの有効化

WordPressプラグインの画面でWP Mail STMPをインストール・有効化します。
WP Mail SMTPの設定画面を開きます。
f:id:pottiri:20190124010112p:plain

添付の画像のように設定します。 f:id:pottiri:20190124010156p:plain

  • From EmailはSESで入力したメールアドレスにします。
  • MailerはOther SMTPにします。
  • SMTP HOSTはSESのSMTP Settingsで控えたServer Nameにします。
  • ポート番号は587にします。
  • EncryptionはTLSにします。
  • AuthenticationはONにして、SMTP UsernameとPasswordはダウンロードした認証情報のCSVに記載されているものを入力します。
  • CSVの2列目と3列目なので注意してください。

テスト

Wp Mail SMTPのEmail TestでSESで設定したメールアドレスを入力し、メールが届けば成功です。

なお、この段階ではSESで設定したメールアドレスにしかメールは送れません。

設定したメールアドレス以外に送るにはドメイン認証が必要です。